(株)西村経営事務所 FSSC22000 / ISO22000 / HACCP など食品安全のためのコンサルティング

トップページISO22000とは


 

Pickup Blog

ISO22000とは

 

HACCPは各国で基準が異なるので、それを国際的に統一しようとISO22000は生まれました。このISO22000は世界共通の食品安全のための認証取得の基準です。

ISO22000

= HACCPを国際規格化したもの 

≠ HACCP+ISO9001 ではありませんので、注意してください。

 

ISO22000のPDCAサイクル 

 

ISO22000のPDCAサイクル

7章の「安全な製品の計画及び実現」はマネジメントシステム全体からみれば”D(計画)”の部分ですが、その中身は、良く見るとさらに小さいPDCAサイクルが回っていることが分ります。

 

最終的には、「顧客の安心」を得るためで、そのためには安全な食品を製造することを忘れてはなりません。

昨今、食の安全の問題が多くのマスコミに取り上げられていますが、消費者はメーカーに対してこれからますます「食の安全」に関しての取り組みを期待していくものと考えられます。

 

よく言われるように、「ISOはとった(認証取得)時点がスタートだ」というのは、現状より更に上を目指して”継続的に改善”を行う必要があるからです。

ISO22000の4つの主要素 
  1. 相互コミュニケーション
    食品は原材料の仕入れから当該工場での加工、輸送、店舗での販売と長い道のりを経て消費者のもとに届きます。上流、下流の組織と密にコミュニケーションを取り安全な商品を提供することが重要です。

  2. システムマネジメント
    経営者が工場の方向性(食品安全方針)を示し、それに向かって全従業員が進まなければ、本当に安全な食品は作れません。また方針を達成するための目標を作成、そのための従業員への教育訓練なども必要でしょう。これらの決まりを作ることが重要です。(この部分はISO9001などと同じです)

  3. 前提条件プログラム(PP,PRP
    食品工場として当たり前のこと、たとえば手洗い、機器洗浄、防虫防鼠などを確実に実施しないとHACCPプランは成り立ちません。この前提条件に関してはISO22000では詳細に規定されていません。
    そこで登場したのがISO/TS22002-1(食品製造のための前提条件プログラム)や、PAS223などの規格です。FSSC22000はこれらのISO/22002-1なども要求されているためハードルが高いと勘違いされやすいですが、そんなことはありません。むしろPRPに関して具体的に定めてくれている分ISO22000より取り組みやすいはずです。

  4. HACCP原則
    先に述べたHACCP12手順7原則をもとに各工程の管理方法を定めます。前提条件プログラムが確実に機能して初めてどのようなハザード分析が行えます。工程上もっとも重要な工程はCCPまたはOPRPという名称で管理することが求められます。
ISO2200要求事項 

1.適用範囲
2.引用規格
3.用語と定義
4.食品安全マネジメントシステム
5.経営者の責任
6.資源の運用管理
7.安全な製品の計画と実現
8.食品安全マネジメントシステムの検証、妥当性の確認、および改善

4章からが組織が実施すべきことが記載されています。

これらの要求事項に関しての口語訳はISO22000口語訳のページをご覧ください。

HACCPとは FSSC22000とは